未分類

従業員を雇う場合

2016.09.06
/ / /
Comments Closed

健康保険被保険者証そもそも、従業員を雇う場合には、いくつかの提出すべき書類や手続きを行う必要があります。
それらを簡単にまとめると、

  • 給与支払いに関する書類や手続き
  • 健康保険について
  • 厚生年金について
  • 雇用保険について

の4つに分けることができます。
これらは提出する先もそれぞれに違いますし、一つ一つの手続きについて複数の書類などが必要になる場合もあるので、かなり面倒なものでもあります。しかし、従業員を雇う場合にはそれらの手順を全て踏んでいる必要がありますので、それぞれについてきちんと理解しておくことをおすすめします。

従業員は会社として運用していく上では必ず雇わなくてはならないものです。中には従業員が少なくとも会社として運用し続けることができるかもしれませんが、事業が大きくなれば一人だけでできることはどんどん限られてしまうので、積極的に従業員を雇っていくようにすることをおすすめします
ただ、雇用形態などによっては手続きが簡易化することもあるので、そちらもおすすめです。

会社設立と社会保険について

会社設立をすれば、社員が一人でも厚生年金に加入しなければなりません。これは強制的に加入しなければならないものだと考えておきましょう。
一般的なサラリーマンとして会社に勤めている場合には、保険料は会社との折半となりますから有利だと考えられるのですが、社長の場合には実質的にすべて負担しなければならないようなものでしょう。その負担は大きいといわざるを得ないのです。

また、健康保険にも加入する事が必要となりますから、さらに負担は大きくなると考えておくべきでしょう。実質的には給料の3割くらいが保険料として消えていくと考えておいたほうが良いでしょう。
このような社会保険に加入するためにはいくつかの手続きが必要となります。厚生年金と健康保険の手続きは同時に行う事ができるでしょう。

そして、もうひとつ考えておかなければならないのが国民健康保険についてです。会社設立をして社長になったのなら健康保険に加入することになりますから、国民健康保険は解約する必要があります。これは、市役所に行けばすぐに手続きをしてもらう事ができます。
ですから、社会保険の手続きをしたときには、国民健康保険の手続きも忘れないようにしましょう。

会社の厚生年金保険に関する詳細の内容

サラリーマン一般企業で労働するサラリーマンは、原則として会社の厚生年金保険に加入する義務があります。
しかし、一般企業で働いている日本の労働者全員に適用されるわけではありません。
企業で働いている20歳以上のアルバイトやパートでの雇用形態での労働者は、厚生年金に入れずに、国の国民年金に加入しなければなりません。
20歳未満でも、国の健康保険に加入しなければならなくて、国が定めた額で納入しなければなりません。
それに対して、厚生年金は労使折半で負担することになっています。
厚生年金は、広義で言えば、いわゆる国民年金の一種なのです。

よって、国民年金法で定められた加入期間を満たせば、現行の国民年金法で65歳になったら、年金の支給を受けることができます。
会社に加入している厚生年金の負担額は、年金法で定められているサラリーマンの給与からの定率での負担となるが、労働者と経営者がサラリーマンの給与分からの定率の負担額を折半すると言う形で、国に納入することになります。
給与が多ければ、負担額が増えることになりるのです。

会社設立と税金について

2016.08.20
/ / /
Comments Closed

会社を設立し、運用するには必ず税金が必要になります。会社を運用するために必要な税金として、代表的なものとして挙げると、

  • 法人税
  • 法人住民税
  • 消費税

があります。

まず、法人税は会社が事業年度に稼いだ利益に対して課税される国税の一つです。原則としての課税率は課税所得の30%です。ただ、それは資本金が1億円以下であり、なおかつ800万円以上である場合です。800万円以下であれば、課税率は18%となります。
利益は収入と費用が関わることになるので、どれだけ費用を使ったかによっては、限度はありますが税金として払う金額が下がります。

法人住民税は、会社が事業年度に稼いだ利益に対して課税させる地方税です。さらにこちらにも2種類あり、均等割と法人税割の2種類から形成されています。
均等割は従業員数や資本金が関わり、所得が赤字でも支払わなくてはなりません法人税割は法人税から課税されます。

消費税は、生産、流通、小売段階の事業者が払うことになる税金です。こちらは私たちの生活の中でもかなり関わりがあるので、なじみ深いものだと思います。
ただ、支払う消費税は売り上げの消費税から仕入れにかかった消費税を引いた金額になるので、注意しましょう。

このように、会社の運営と税金は切り離せないためあらかじめ税務顧問を雇って会社設立をサポートしてもらうのもいいかもしれません。

法人税の節税を顧問に依頼する

法人税の節税を行いますとかなりの多くの税金を節約することができます。
事前に税金対策を行ったり、色々な手段をとることによってかなり大きな節約ができるようになるのです。
そのために法人税対策の税理士や公認会計士に顧問になってもらうのです。

税理士や会計士に顧問になってもらうことにより税金の申告などもしてもらうことができますし全ての税金の事が依頼できるのがいいところです。節税をすることはとても大事なことです。これで手取りの収益を上げることができるからです。
また脱税をしてしまいますと会社のイメージが格段に悪くなります。これが原因で売り上げが落ちてしまう可能性もあるのです。脱税になるとは知らなかったでは済まされないのです。

その点節税の場合でしたら法律を遵守していますので問題はありません。ただやり方についてはかなりの専門の知識が必要になるので公認会計士か税理士に依頼する必要があります。脱税を考えるくらいでしたら節税対策を行ってください。

節税とは何か、どんな節税があるのか

まず、節税とはなにか。節税とは法の想定する範囲で税負担を減少させることです。税とは事業を営む上で避けて通れないものです。できれば払いたくないものです。
しかし、脱税というものがありこれは国お財源を脅かす重罪です。でも、事業を営む上で必要以上の税金を払うことは正しい経営とは言えません。
そこで無駄な納税を避けることを節税といいます。

この節税は多くの企業や事業者が経費削減のためにしており、いろいろな種類があります。
どんな節税があるのかというと、

  • 利益の繰延行為
  • 根本的節税や税金免除
  • 消費税による節税
  • 修正申告
  • 更生の請求
  • 投資による節税

などがあります。
しかしこれらの節税は、経営において必ずしもプラスになるとはいえない、たとえば企業会計基準等の適性性を欠いたり、信用毀損を生じたり、キャッシュフローの観点等により、利益の繰延行為は経営に不利になる可能性があります。
取引先を巻き込む場合相手に不快な思いをさせることもあるので、節税の際には気をつけましょう。

会社の資本金とは?

2016.08.14
/ / /
Comments Closed

札束では、まず資本金について説明しましょう。そもそも、資本金とは会社を設立するにあたって、会社運用に充てるためのお金のことを指します。例えば、株式会社であれば、株式を発行して多くの人からそれをお金と交換し、それを資金とするというようなものです。そこで気になるのが、資本金としては最低限どれくらいが必要になるか、ということです。もちろん、それらは事業によって必要になる金額は変わります。ただ、法律的には株式会社であっても、有限会社であっても資本金は1円から大丈夫だと決められています。

ですので、資本金に関してはあまり多くが必要だと言うわけではありません。ただ、資本金はあまりかからなくとも、それ以外の設立費や維持費などが必要になるので、結局は多額のお金が入用になるので、少なくていいわけでもありません。

また、資本金の高さは会社を設立した直後の信用度に直結します。その理由は簡単で、お金が多い方に依頼をすればそれだけ失敗をしたときにもリスクが少ないということ、何かあったとしてもお金で解決させることができるからです。ですので、資本金はあればあるだけ会社運用が楽に進められるようになるので、できるだけ多額のお金を用意するようにしましょう。

会社設立をするときに設定する資本金について

会社設立をするときには資本金が必要となります。この資本金が大きければ会社としての信用力も高くなると考えられるでしょう。しかしながら、あまり大きくすると税制面でのデメリットがありますから注意が必要です。
具体的には、会社設立をするときには1000万円未満の資本金にしておくのが良いでしょう。このメリットとしては、消費税の免税事業者になれるということです。
資本金を1000万円未満にしておけば、設立してから2年間は消費税を支払うことは必要ないのです。ですから、特に必要がないのなら資本金を1000万円未満に設定しておくべきでしょう。

最低金額は1円から可能となっていますが、資本金が1円しかないというような会社は現実的なものではないでしょう。最低でも100万円くらいを目安にするのが良いと思います。余裕があるのなら300万円くらいにするのも良いと思います。
あまりにも資本金が小さいと取引先からの信用を得られないこともありますから注意が必要です。

法人成りをするときに考えること

法人成りという言葉は、なかなか一般では耳にしないと思います。簡単に言えば個人事業者が法人設立を行うことです。
簡単に法人設立といいますが、登記等の手続きを行わないと株式会社等の法人は設立できないものです。しかし、昨今では会社法の施行により資本金が1円でも会社は設立できるし、取締役が1名でも設立は可能になっているので、以前よりも簡単になっています。
そのため、個人事業者の方は法人を設立したほうがいいのではないかと思う方もいるかも知れませんが、そこにはメリットもデメリットもあります。その両方を十分に理解していただきたいです。

メリットにはどんなものがあるのかといえば、資本金が1千万未満ならば消費税が2年間免税になります。また個人事業主では給与がありませんでしたが、法人になれば役員報酬の経費計上が可能になります。
更に、役員報酬は所得税において給与所得控除が適用されます。また、退職金の支払が可能になり、生命保険の支払いや親族への対価支払も経費計上が可能になります。以上の点は節税効果が大きいです。
その他にも繰越欠損金の繰越が7年間と長くなったり、個人事業者の時は3月に必ず確定申告を行なっていましたが、法人設立時に決算月も自由に設定することができますので事務処理を繁忙期から外すことも可能になります。

これをみたら、いいことばかりだと思えるかもしれませんが、デメリットも沢山あるのです。
法人になれば赤字状態でも県税と市税で均等割が必ず発生します。また、交際費については1割が決算にて減算されて経費が減ってしまいます。
その他にも、法人設立を自分で行ったとしても登記関係の費用だけでも20万円以上かかってしまうことや、申告書が国税分だけでなく地方税分も作成したりと経理事務的負担の増加も考えられます。
一概によいことばかりではありませんので、法人成りを考えている個人事業者の方は、現状を考えて行動していただきたいと思います。

会社設立にあたって

2016.08.06
/ / /
Comments Closed

個人事業主としていて仕事を行っていた時に、かなり事業が上手くいくようになって、収入もかなり増えてきたので、思い切って会社を設立しよう。そう思ったときに、会社は一体どのようにして設立すればいいのか疑問に思うことが多いでしょう。

日本の教育では、会社の設立方法などは義務教育などで全く教えてはくれませんので、会社の設立は社会の常識からはかなり逸脱してしまう知識となります。そのために、いざ会社を設立しようと思ったときに、全く何も分からないと言う人がかなり多いのです。
そこで、今回は会社設立にあたって、必ず知っておくべき3つのことについて説明したいと思います。もちろん、これら以外にも会社設立のために必要な知識はたくさんありますが、まずは押さえておくべきことだけをまとめてみました。

その3つのこととは、

  • 資本金
  • 税金
  • 従業員を雇うこと

についてです。
お金のこと特に注目したのはお金に関わることです。
お金に関わることも、これまでに会社に所属していた人にとっては、完全に会社に任せてしまっていたことですので、本当に何も知らないという人が多いです。
それに、お金のことはきちんとしないと、会社としての体を成さないようなことになることもありますし、法律に関わるようなことも多いので、きちんと理解しておかないと違法行為となってしまうかもしれません。
ですので、これらについてしっかりと理解した上で、そこからより一層会社設立についての知識を深めていきましょう。

会社を法人化することで得られるもの

世の中で法人でして一般的な存在と言えば会社です。
そして会社は法律に規定に従って作ることになります。
そして平成18年5月に会社法という新しい法律が制定されました。
これによりこれまで定められていた会社関連の法律である商法や有限会社法が時代の移り変わりにより現在の事情と合わなくなってきたのでこれを現在の実情にあるようにしたものです。
そして会社法の制定により会社を簡易に作れるようになりました。また会社設立手続きは設立登記をその設立しようとしている会社の本店所在地を管轄する法務局に申請して登記が完了すると会社ができることになります。

会社の設立の手続きは現在は一番数の多い株式会社でもかなり早く手続きをすることが可能となっています。会社の設立手続きはまず会社の根本規則である定款を作成して、その定款を公証人に認証を受け、さらに役員や本店などを決めて、出資者が出資金を払い込んで最後に設立登記をするという流れです。
そしてそれほど大きな会社でなければ数日で会社設立の手続きを完了することができます。また会社を設立して法人化するメリットは取引先やお客さんから信頼が得られやすいというのがあります。このため個人で事業をしている人も会社を設立して法人化をする個人事業者も少なくありません。