税金について

税金について

2016.08.20
/ / /
Comments Closed

会社を設立し、運用するには必ず税金が必要になります。会社を運用するために必要な税金として、代表的なものとして挙げると、法人税、法人住民税、消費税があります。

まず、法人税は会社が事業年度に稼いだ利益に対して課税される国税の一つです。原則としての課税率は課税所得の30%です。ただ、それは資本金が1億円以下であり、なおかつ800万円以上である場合です。800万円以下であれば、課税率は18%となります。利益は収入と費用が関わることになるので、どれだけ費用を使ったかによっては、限度はありますが税金として払う金額が下がります。

法人住民税は、会社が事業年度に稼いだ利益に対して課税させる地方税です。さらにこちらにも2種類あり、均等割と法人税割の2種類から形成されています。均等割は従業員数や資本金が関わり、所得が赤字でも支払わなくてはなりません。法人税割は法人税から課税されます。

消費税は、生産、流通、小売段階の事業者が払うことになる税金です。こちらは私たちの生活の中でもかなり関わりがあるので、なじみ深いものだと思います。ただ、支払う消費税は売り上げの消費税から仕入れにかかった消費税を引いた金額になるので、注意しましょう。

このように、会社の運営と税金は切り離せないためあらかじめ税務顧問を雇って会社設立をサポートしてもらうのもいいかもしれません。

Comments are closed.