会社設立と税金について

会社設立と税金について

2016.08.20
/ / /
Comments Closed

会社を設立し、運用するには必ず税金が必要になります。会社を運用するために必要な税金として、代表的なものとして挙げると、

  • 法人税
  • 法人住民税
  • 消費税

があります。

まず、法人税は会社が事業年度に稼いだ利益に対して課税される国税の一つです。原則としての課税率は課税所得の30%です。ただ、それは資本金が1億円以下であり、なおかつ800万円以上である場合です。800万円以下であれば、課税率は18%となります。
利益は収入と費用が関わることになるので、どれだけ費用を使ったかによっては、限度はありますが税金として払う金額が下がります。

法人住民税は、会社が事業年度に稼いだ利益に対して課税させる地方税です。さらにこちらにも2種類あり、均等割と法人税割の2種類から形成されています。
均等割は従業員数や資本金が関わり、所得が赤字でも支払わなくてはなりません法人税割は法人税から課税されます。

消費税は、生産、流通、小売段階の事業者が払うことになる税金です。こちらは私たちの生活の中でもかなり関わりがあるので、なじみ深いものだと思います。
ただ、支払う消費税は売り上げの消費税から仕入れにかかった消費税を引いた金額になるので、注意しましょう。

このように、会社の運営と税金は切り離せないためあらかじめ税務顧問を雇って会社設立をサポートしてもらうのもいいかもしれません。

法人税の節税を顧問に依頼する

法人税の節税を行いますとかなりの多くの税金を節約することができます。
事前に税金対策を行ったり、色々な手段をとることによってかなり大きな節約ができるようになるのです。
そのために法人税対策の税理士や公認会計士に顧問になってもらうのです。

税理士や会計士に顧問になってもらうことにより税金の申告などもしてもらうことができますし全ての税金の事が依頼できるのがいいところです。節税をすることはとても大事なことです。これで手取りの収益を上げることができるからです。
また脱税をしてしまいますと会社のイメージが格段に悪くなります。これが原因で売り上げが落ちてしまう可能性もあるのです。脱税になるとは知らなかったでは済まされないのです。

その点節税の場合でしたら法律を遵守していますので問題はありません。ただやり方についてはかなりの専門の知識が必要になるので公認会計士か税理士に依頼する必要があります。脱税を考えるくらいでしたら節税対策を行ってください。

節税とは何か、どんな節税があるのか

まず、節税とはなにか。節税とは法の想定する範囲で税負担を減少させることです。税とは事業を営む上で避けて通れないものです。できれば払いたくないものです。
しかし、脱税というものがありこれは国お財源を脅かす重罪です。でも、事業を営む上で必要以上の税金を払うことは正しい経営とは言えません。
そこで無駄な納税を避けることを節税といいます。

この節税は多くの企業や事業者が経費削減のためにしており、いろいろな種類があります。
どんな節税があるのかというと、

  • 利益の繰延行為
  • 根本的節税や税金免除
  • 消費税による節税
  • 修正申告
  • 更生の請求
  • 投資による節税

などがあります。
しかしこれらの節税は、経営において必ずしもプラスになるとはいえない、たとえば企業会計基準等の適性性を欠いたり、信用毀損を生じたり、キャッシュフローの観点等により、利益の繰延行為は経営に不利になる可能性があります。
取引先を巻き込む場合相手に不快な思いをさせることもあるので、節税の際には気をつけましょう。

Comments are closed.