会社設立にあたって

会社設立にあたって

2016.08.06
/ / /
Comments Closed

個人事業主としていて仕事を行っていた時に、かなり事業が上手くいくようになって、収入もかなり増えてきたので、思い切って会社を設立しよう。そう思ったときに、会社は一体どのようにして設立すればいいのか疑問に思うことが多いでしょう。

日本の教育では、会社の設立方法などは義務教育などで全く教えてはくれませんので、会社の設立は社会の常識からはかなり逸脱してしまう知識となります。そのために、いざ会社を設立しようと思ったときに、全く何も分からないと言う人がかなり多いのです。
そこで、今回は会社設立にあたって、必ず知っておくべき3つのことについて説明したいと思います。もちろん、これら以外にも会社設立のために必要な知識はたくさんありますが、まずは押さえておくべきことだけをまとめてみました。

その3つのこととは、

  • 資本金
  • 税金
  • 従業員を雇うこと

についてです。
お金のこと特に注目したのはお金に関わることです。
お金に関わることも、これまでに会社に所属していた人にとっては、完全に会社に任せてしまっていたことですので、本当に何も知らないという人が多いです。
それに、お金のことはきちんとしないと、会社としての体を成さないようなことになることもありますし、法律に関わるようなことも多いので、きちんと理解しておかないと違法行為となってしまうかもしれません。
ですので、これらについてしっかりと理解した上で、そこからより一層会社設立についての知識を深めていきましょう。

会社を法人化することで得られるもの

世の中で法人でして一般的な存在と言えば会社です。
そして会社は法律に規定に従って作ることになります。
そして平成18年5月に会社法という新しい法律が制定されました。
これによりこれまで定められていた会社関連の法律である商法や有限会社法が時代の移り変わりにより現在の事情と合わなくなってきたのでこれを現在の実情にあるようにしたものです。
そして会社法の制定により会社を簡易に作れるようになりました。また会社設立手続きは設立登記をその設立しようとしている会社の本店所在地を管轄する法務局に申請して登記が完了すると会社ができることになります。

会社の設立の手続きは現在は一番数の多い株式会社でもかなり早く手続きをすることが可能となっています。会社の設立手続きはまず会社の根本規則である定款を作成して、その定款を公証人に認証を受け、さらに役員や本店などを決めて、出資者が出資金を払い込んで最後に設立登記をするという流れです。
そしてそれほど大きな会社でなければ数日で会社設立の手続きを完了することができます。また会社を設立して法人化するメリットは取引先やお客さんから信頼が得られやすいというのがあります。このため個人で事業をしている人も会社を設立して法人化をする個人事業者も少なくありません。

Comments are closed.