会社設立にあたって

会社設立にあたって

2016.08.06
/ / /
Comments Closed

個人事業主としていて仕事を行っていた時に、かなり事業が上手くいくようになって、収入もかなり増えてきたので、思い切って会社を設立しよう。そう思ったときに、会社は一体どのようにして設立すればいいのか疑問に思うことが多いでしょう。

日本の教育では、会社の設立方法などは義務教育などで全く教えてはくれませんので、会社の設立は社会の常識からはかなり逸脱してしまう知識となります。そのために、いざ会社を設立しようと思ったときに、全く何も分からないと言う人がかなり多いのです。そこで、今回は会社設立にあたって、必ず知っておくべき3つのことについて説明したいと思います。もちろん、これら以外にも会社設立のために必要な知識はたくさんありますが、まずは押さえておくべきことだけをまとめてみました。

その3つのこととは、資本金、税金、従業員を雇うことについてです。特に注目したのはお金に関わることです。お金に関わることも、これまでに会社に所属していた人にとっては、完全に会社に任せてしまっていたことですので、本当に何も知らないという人が多いです。それに、お金のことはきちんとしないと、会社としての体を成さないようなことになることもありますし、法律に関わるようなことも多いので、きちんと理解しておかないと違法行為となってしまうかもしれません。ですので、これらについてしっかりと理解した上で、そこからより一層会社設立についての知識を深めていきましょう。

Comments are closed.