従業員を雇う場合

従業員を雇う場合

2016.09.06
/ / /
Comments Closed

健康保険被保険者証そもそも、従業員を雇う場合には、いくつかの提出すべき書類や手続きを行う必要があります。
それらを簡単にまとめると、

  • 給与支払いに関する書類や手続き
  • 健康保険について
  • 厚生年金について
  • 雇用保険について

の4つに分けることができます。
これらは提出する先もそれぞれに違いますし、一つ一つの手続きについて複数の書類などが必要になる場合もあるので、かなり面倒なものでもあります。しかし、従業員を雇う場合にはそれらの手順を全て踏んでいる必要がありますので、それぞれについてきちんと理解しておくことをおすすめします。

従業員は会社として運用していく上では必ず雇わなくてはならないものです。中には従業員が少なくとも会社として運用し続けることができるかもしれませんが、事業が大きくなれば一人だけでできることはどんどん限られてしまうので、積極的に従業員を雇っていくようにすることをおすすめします
ただ、雇用形態などによっては手続きが簡易化することもあるので、そちらもおすすめです。

会社設立と社会保険について

会社設立をすれば、社員が一人でも厚生年金に加入しなければなりません。これは強制的に加入しなければならないものだと考えておきましょう。
一般的なサラリーマンとして会社に勤めている場合には、保険料は会社との折半となりますから有利だと考えられるのですが、社長の場合には実質的にすべて負担しなければならないようなものでしょう。その負担は大きいといわざるを得ないのです。

また、健康保険にも加入する事が必要となりますから、さらに負担は大きくなると考えておくべきでしょう。実質的には給料の3割くらいが保険料として消えていくと考えておいたほうが良いでしょう。
このような社会保険に加入するためにはいくつかの手続きが必要となります。厚生年金と健康保険の手続きは同時に行う事ができるでしょう。

そして、もうひとつ考えておかなければならないのが国民健康保険についてです。会社設立をして社長になったのなら健康保険に加入することになりますから、国民健康保険は解約する必要があります。これは、市役所に行けばすぐに手続きをしてもらう事ができます。
ですから、社会保険の手続きをしたときには、国民健康保険の手続きも忘れないようにしましょう。

会社の厚生年金保険に関する詳細の内容

サラリーマン一般企業で労働するサラリーマンは、原則として会社の厚生年金保険に加入する義務があります。
しかし、一般企業で働いている日本の労働者全員に適用されるわけではありません。
企業で働いている20歳以上のアルバイトやパートでの雇用形態での労働者は、厚生年金に入れずに、国の国民年金に加入しなければなりません。
20歳未満でも、国の健康保険に加入しなければならなくて、国が定めた額で納入しなければなりません。
それに対して、厚生年金は労使折半で負担することになっています。
厚生年金は、広義で言えば、いわゆる国民年金の一種なのです。

よって、国民年金法で定められた加入期間を満たせば、現行の国民年金法で65歳になったら、年金の支給を受けることができます。
会社に加入している厚生年金の負担額は、年金法で定められているサラリーマンの給与からの定率での負担となるが、労働者と経営者がサラリーマンの給与分からの定率の負担額を折半すると言う形で、国に納入することになります。
給与が多ければ、負担額が増えることになりるのです。

Comments are closed.