資本金とは?

資本金とは?

2016.08.14
/ / /
Comments Closed

では、まず資本金について説明しましょう。そもそも、資本金とは会社を設立するにあたって、会社運用に充てるためのお金のことを指します。例えば、株式会社であれば、株式を発行して多くの人からそれをお金と交換し、それを資金とするというようなものです。そこで気になるのが、資本金としては最低限どれくらいが必要になるか、ということです。もちろん、それらは事業によって必要になる金額は変わります。ただ、法律的には株式会社であっても、有限会社であっても資本金は1円から大丈夫だと決められています。

ですので、資本金に関してはあまり多くが必要だと言うわけではありません。ただ、資本金はあまりかからなくとも、それ以外の設立費や維持費などが必要になるので、結局は多額のお金が入用になるので、少なくていいわけでもありません。

また、資本金の高さは会社を設立した直後の信用度に直結します。その理由は簡単で、お金が多い方に依頼をすればそれだけ失敗をしたときにもリスクが少ないということ、何かあったとしてもお金で解決させることができるからです。ですので、資本金はあればあるだけ会社運用が楽に進められるようになるので、できるだけ多額のお金を用意するようにしましょう。

Comments are closed.